大学を出て研究者の道に進む看護師もいる

看護師は、様々なキャリアパスが描ける素晴らしい仕事の一つです。現場で働くこともできますし、看護師長のような現場の責任的地位に上り詰める人もいます。
また、大学を出た人に多いのですが、一度現場に出て経験を積んで、その後また大学に戻るというケースもあります。大学に戻って何をするかと言えば、看護業界についての研究をするのです。医師が医学部を出てまた大学に戻って、病気や医療業界の研究をするのとまったく同じことが、看護師の世界でも行われているのです。
女性看護師でも、学ぶ姿勢を忘れなければ、将来的に大学教授になることは不可能ではありません。大学教授ともなると、そのステータスは社会的に見ても高い地位になります。もちろん、通常の病院勤務看護師よりも高収入が期待できるので、こうした道を選択する人も多いようです。
また、女性看護師の中には体力面や健康面で不安を持つ人もいるでしょう。病院勤務はハードで、そうした人はすぐに休職や離職を余儀なくされることもあります。そのような場合は研究者への道を選択する方法があります。現場に出るよりも研究をしている方がいいという人は少なくないはずです。
ただ、こうした道へ進みたい方は大学出身であることが必須です。看護専門学校を卒業するだけでは、研究者への道はほとんど開かれないと言えます。もしも研究者としての道を選びたいのであれば、大学の看護学科に入ってみっちりと勉強をする必要があることを頭に入れておきましょう。

Leave a Reply