看護師にとって働く限り必要になる学ぶ姿勢

看護師として働く限りは持たなければならないのが学ぶ姿勢です。看護師は、現場で働き始めて必要な最低限の知識やスキルを身につけるだけでも大変な苦労があるでしょう。
長い人の場合には、1年以上もかけてようやく現場で他人に負担をかけずに働けるようになります。しかし、それに安心してしまっては医療でも介護でも質の向上を目指していくことはできません。
現代社会では、医療に対しても介護に対しても人々の要求は高くなってきています。どちらの現場でもスタッフの一人一人が自分だからできることを見出していき、全体としての質の向上を目指さなければ社会的要求に応えていけないのです。
医療も介護も理論から技術的応用に至るまで進展が著しく、それまで良しとされていたことが覆される場合もあります。最新の情報に基づいて適切な対応がとれるようになるのは必須であり、現場に常に理想的な形で対応できるように能力を磨かなければなりません。
とはいえその状況は、女性の場合には大きなハードルとなる可能性があります。ブランクができた際にはそのギャップを埋めるために短期間で多くを学ばなければならないからです。
しかし、現場で働き続ける限りはより良い医療や介護の実現を目指して学ぶ姿勢を保ち続けることが欠かせません。自分の知識やスキルに満足してしまうようでは現場に貢献できる程度にも限界があると理解しておきましょう。より患者や高齢者の満足を得られる看護が実現できるように精進する必要があるのです。現場でできるだけ長く働きたいのであれば、学ぶ姿勢の重要性を知っておきましょう。

Leave a Reply